<玉木宏×高橋一生>竜の道 二つの顔の復讐者(第2話)地上波再放送 関西/大阪/京都/兵庫/和歌山/奈良/滋賀

竜の道 二つの顔の復讐者の画像

玉木宏×高橋一生ドラマ竜の道 二つの顔の復讐者

カンテレ・フジテレビ系全国ネット放送

第2話放送日は8/4(火)(第2話)

フジテレビ系
毎週火曜 21:00~21:54

竜の道 二つの顔の復讐者8/4(火)(第2話)の見逃し配信情報を紹介します

原作
白川道「竜の道」(幻冬舎文庫)

脚本
篠﨑絵里子
守口悠介

主題歌
SEKAI NO OWARI「umbrella」

オープニング曲
ビッケブランカ「ミラージュ」

キャスト
玉木 宏 高橋一生 松本まりか 斉藤由貴 遠藤憲一
松本穂香 細田善彦 奈緒 今野浩喜 
西郷輝彦 渡辺邦斗

竜の道 二つの顔の復讐者8月4日放送(第2話) 地上波のテレビ再放送予定

竜の道 二つの顔の復讐者初回1話は関西で再放送がありました

初回1話再放送 2020年8月1日(土) 26時15分~28時13分

放送地域 大阪京都兵庫和歌山奈良滋賀

8月4日放送(第2話) 地上波のテレビ再放送予定

 

竜の道 二つの顔の復讐者 再放送がない&見逃したら 見逃し配信

竜の道 二つの顔の復讐者無料配信はTVER

見逃し配信期間 2020年8月4日~2020年8月11日

TVERで竜の道 二つの顔の復讐者配信終了していたら

まずは無料でお試しFODプレミアム! 

見逃したり、放送地域に入ってなかったら

FODプレミアムで「竜の道 二つの顔の復讐者」1話~見逃し配信中!

アマゾンアカウントを利用して初回2週間無料トライアル

8のつく日にログインして400ポイントGET

※課金作品や電子書籍に利用できます

「竜の道 二つの顔の復讐者」は見放題作品ではないので8のつく日にログインして400ポイントGETして

視聴すればポイントで竜の道 二つの顔の復讐者視聴できます

さらに人気雑誌の最新号が100誌以上読み放題!

無料期間中の退会も可能です

無料期間中の解約は料金はかかりません

↓↓
まずは無料でお試しFODプレミアム! 

※2020年8月の情報です
最新の配信情報はFODプレミアムでご確認ください

 

竜の道 二つの顔の復讐者見どころ感想

キリシマ急便の得意先企業の炎上騒動に乗じて、経営コンサルタントとして源平(遠藤憲一)に近づこうとする竜一(玉木宏)。しかし、ある人物に竜二(高橋一生)との会話を聞かれ、源平への復讐計画を知られてしまう。このままでは、すべての計画が台無しに……。もはや一刻の猶予もないと悟った2人は、父・源平の強引なやり方に反発する跡取り息子の晃(細田善彦)を利用し、次の手を打つことにする。
そんななか、竜二に会うためにホテルを訪れた竜一は、そこで偶然、上京が決まった妹の美佐(松本穂香)と再会。美佐は竜二から知人だと紹介された竜一が、まさか死んだはずのもう1人の兄だとは知るよしもない。そんな妹の成長した姿を初めて目の当たりにした竜一は……。
その後、キリシマ急便のパーティーに参加した竜一は、竜二のアシストで晃に近づくことに成功。源平の元にも何食わぬ顔であいさつに行くが、そこへ、兄弟の秘密を知る人物が現れて……。

竜の道 二つの顔の復讐者内容は復讐劇なので、ストーリーとしては重めだなという印象がありました。 遠藤憲一さんの役柄が、一見優しく、人懐っこい雰囲気を出して近づいてきて、悪いと思わずに会社を乗っ取っていく様は、根っからの悪い人物という感じで、悪役の演技が凄く上手でした。

実際にこういう悪い人物がいそうだなと思いました。 松本まりかさんの、叫び声というか、演技力が臨場感に溢れていて、ドラマの世界観に引き込まれました。

松本まりかさんの演技は、とても迫力があるので見ていてスッキリします。

今回の役柄も、意味ありげな役で重要人物だと思うので、これからの展開に向けて目が離せない人物です。 復讐劇は大概、最後に主人公が死ぬパターンが多いので、今回のドラマもそうなのかな?と思っています。 でも、死なないでほしいです。

同じ目的を持ち、協力していたはずなのに、なぜ冒頭の場面のようになってしまったのか気になりますね。 竜一と竜二、ふたりの美佐への気持ちが関係しているのかも。

どちらも美佐に対し、妹として以上の愛を胸に秘めているのでは。 竜一がのし上がり、源平に近づきつつある姿が危ういですね。 曽根村も源平とは違った恐ろしさを漂わせているのが怖いです。 凛子は竜一の味方となるのでしょうか。

怪しげな登場人物が多い中、美佐の内面から感じる美しさだけがホッとできます。

竜一たちの復讐はどんな方向に向かうのか、これから冷や冷やさせられそうです。

竜の道 二つの顔の復讐者これからの展開が楽しみです。