テセウスの船 2月23日放送(第6話)視聴した感想、考察まとめ

2月23日放送テセウスの船(第6話)視聴した感想さつき先生に脅され言いなりになる姉、すずの心境に変化が生じてきます。また、すずの夫に協力を求める心。すずの夫は、音臼小事件の被害者であり、後遺症で苦しむ身ですが、さつき先生は実母ではありません。心はさつき先生がなぜ妨害するのかを知るために、すずの夫に近づいたのでした。音臼小跡地に、心とすずの夫は共に赴きます。そこで、すずの夫が覚えている限りの事を聞き出そうとしますが、再びタイムスリップする…。すずの夫、さつき先生も事件の鍵を握っているようです。

テセウスの船このドラマは、どうも嫌ですね。いつも、心が疑われて、悪い方向悪い方向へと進んでいくのです。あたかも、真犯人は、すべてのことを知っていて、心を犯人に仕立てようと、企んでいるのが明白です。心が、こいつが真犯人と思った人がどんどんと殺されて、ちょうど悪いところに警察に出くわして、容疑者扱いされてしまいます。犯人は、心をいつも監視している身近な人物なのでしょう。このドラマは、上から目線すぎて、私にはどうにも理解できないし、好きになれないですね。結論がいい加減だったら、怒りが爆発しそうです。

テセウスの船6話まとめ

真犯人だと思われていた木村さつきが殺され、ますます謎が深まっていきました。
そして、まるで心を挑発するような不気味な絵。犯人は、心の苛立ちを嘲笑っているようです。
心にとって、由紀の存在はとても励みになったと思います。
たとえ、自分のことを覚えていなくても、由紀はやはり誰よりも大切な人なのだということがわかりました。
ですが、状況はますます心にとって不利になるばかりです。
父親の無実を証明したい。ただそれだけなのに、なぜこんなにも心は辛い思いをしなくてはならないのでしょう。

テセウスの船動画配信をpandoraで見る?TVERなら無料TikTokもいいけどね

テセウスの船3月1日放送(第7話)感想と見逃し動画配信dailymotionの感想

テセウスの船視聴情報個別課金(PPV)pandoraストリーミング(竹内涼真)Twittter